市制100周年に向けて 川崎市映像アーカイブ

新着情報

2020年01月06日

【昭和45年】川崎市は大きな事業計画による建設ラッシュとなりました。

明けましておめでとうございます。
本年も川崎市映像アーカイブを宜しくお願い致します。
今日は、昭和45年1月の川崎市を振り返ります。

昭和45年前後、川崎市は3つの事業を掲げました。
1、井田の高台に心身障害総合センターの建設
2、市の南部に、ゴミ焼却炉の建設
3、潮見台用水所の建設

川崎市はこの頃から市民にとって、明るく住みよい市に変化していきました。
この時代の建設計画があったからこそ、今私たちも不自由なく、川崎市で生活ができているんですね。

B!

(c) City of Kawasaki. All rights reserved.